薄毛予防に効果的な食べ物のおすすめは?コンビニで買うならこれ!

2021/05/31

薄毛予防に効果のある食べ物とはどんなものでしょうか?
この記事では、コンビニでも簡単に買える、おすすめの髪の毛に良い食べ物をご紹介します。
また、おすすめの食事メニューや、できれば避けたい食べ物についても解説します。

コンビニで買える!薄毛予防に効果的なおすすめの食べ物

薄毛予防には食生活を整えることが大切です。しかし、料理が苦手な方や一人暮らしでなかなか自炊するのが難しい方もいらっしゃるのが現状です。

そんな時、味方になってくれるのがコンビニエンスストア。コンビニのご飯と言うと体に悪いイメージがありますが、そんなことはありません。
今やコンビニで買える食品は多様化しているため、自分できちんと選んで買えば、コンビニ商品でも薄毛予防に合う食事をすることが可能です。

ここでは、コンビニで買える薄毛予防に効果的な食べ物を紹介します。

卵は、完全栄養食と言われるほど栄養価の高い食べ物です。
卵には育毛に欠かせない、たんぱく質、ビタミンA・B群、ビタミンD・E、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、脂質、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

コンビニで買えるものとしては煮卵がおすすめです。
そのまま食べられて、ご飯のおかずにもなるので、会社でのランチタイムにも適しています。

サラダチキン

「肉は脂肪が多くて健康にも悪いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、サラダチキン(鶏むね肉)は栄養価が高いだけでなく、他の肉と比較して脂質が少ないため脂の取り過ぎを防いでくれます。

サラダチキンは低脂質で高たんぱくなので、ダイエットをしている方にも人気がある食べ物の一つです。たんぱく質は髪の毛のもとになるため、もちろん薄毛予防にもおすすめ。

コンビニで売っているサラダチキンには様々な味のものが用意されているので、飽きずに食べることができますよ。

豆腐・納豆

高たんぱくな上、高い栄養価が加わっている大豆は、薄毛予防をしたい方からすればとても嬉しい食べ物です。
また、忘れてはならないのがイソフラボンの存在です。大豆製品である豆腐や納豆には、多くのイソフラボンが含まれます。
イソフラボンには、健康的な髪の毛を保つ女性ホルモンの働きと似た効果があると言われ、女性はもちろんのこと男性の薄毛予防にも役立ちます。

豆腐や納豆を食べる時にはキムチを加えるのもおすすめです。キムチを加えることでおいしく食べられる上に、キムチに含まれるカプサイシンの効果で血行も良くなりますよ。

かぼちゃの煮物

かぼちゃは緑黄色野菜の一つです。かぼちゃにはビタミンやミネラル類が豊富に含まれます。
コンビニではかぼちゃの煮物がパック分けされて販売されているので、一人暮らしの方にもおすすめです。

かぼちゃにこだわらず、緑黄色野菜を手軽に摂りたい方は野菜ジュースを飲むのも一つの方法です。

ナッツ類

髪の毛の主成分であるたんぱく質がたくさん含まれるナッツ類も、積極的に取り入れてください。
よく親しまれているナッツ類は、くるみやアーモンド、ピーナッツなどです。ちなみに、栗もナッツ類と同じジャンルです。
くるみにはオメガ3脂肪酸、アーモンドやピーナッツには亜鉛が豊富に含まれています。

また、ナッツ類に含まれる栄養素としてビタミンEの存在も忘れてはいけません。ビタミンEには、血行を良くする働きがあります。
血行が促進されることで、髪の毛に栄養が行き渡り抜け毛の改善につながるでしょう。

ヨーグルト・牛乳

牛乳にバター、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も育毛効果があるとされています。
乳製品はカルシウムやたんぱく質、ビタミンを多く含み髪の毛のもとになるため、薄毛予防をしたい方にとって心強い味方です。

コンビニ商品を組み合わせ!薄毛予防におすすめの食事メニュー

コンビニではスパゲッティーや麻婆豆腐、鶏のから揚げ弁当など魅力的なお弁当が売られていますが、これらは薄毛予防に必要な栄養をバランスよく摂ることができず、あまりおすすめできません。

それでは、どのようにしてコンビニの食べ物を選べば良いのでしょうか?

ポイントは単品を組み合わせること!

コンビニ商品から髪の毛に良い食事メニューを選ぶなら、単品のおかずを組み合わせるのがおすすめです。
どのように組み合わせれば良いのか、方法について解説します。

  1. 主食を選ぶ(おにぎり、パンなど)
  2. たんぱく質が摂れる食品を選ぶ(豆腐、卵、サラダチキンなど)
  3. ビタミンが摂れる食品を選ぶ(野菜やナッツ類など)

ただ漠然とコンビニ商品を選ぶだけでは、栄養が偏ってしまうこともあります。
この3つのグループからそれぞれ1つずつ選ぶことで、バランスの良い、薄毛予防に効果的なメニューを自分で作ることができますよ。
それでもよく分からないという方向けに、薄毛予防におすすめの食事メニューの例を挙げますのでご覧ください。

薄毛予防におすすめの食事メニュー例

例1:和風のおかずでほっこり!デザートも楽しみたい人におすすめのメニュー
おにぎり+煮卵+かぼちゃの煮物+バナナ

例2:時間がないけど最低限の栄養は摂りたい人におすすめのメニュー
パン+サラダチキン+野菜ジュース+ナッツ

薄毛の原因かも?できれば避けたい食べ物は?

薄毛の原因になり得る、できれば避けたい食べ物について解説します。

  • 揚げ物
  • ラーメン
  • ファーストフード
  • スイーツ

上記のような食べ物はついつい外食で選びがちですよね。
しかし、このような油っこい食べ物や糖分が多い食べ物を食べ過ぎると、皮脂の分泌量を増加させてしまい、結果頭皮環境が悪くなります。

また、塩分の多い食べ物も薄毛の原因になり得ます。なぜなら、塩分の多いものばかり食べているといわゆる「血液ドロドロ」の状態になりやすいからです。
「血液ドロドロ」の状態だと、血行が悪くなり、頭皮まで栄養が届きづらくなる恐れがあります。

薄毛予防をしたい方ができれば避けたい食べ物を挙げましたが、これらの食べ物が大好きな方にとっては全く食べずに我慢することは辛いですよね。
ストレスは薄毛の原因になるので、我慢しすぎるのもあまり良くないです。我慢したあげく暴飲暴食してしまったら元も子もありません。
たまに「大好きなものを一つだけ食べていい日」などを設け、ストレスをできるだけ溜めないように心がけましょう。

薄毛対策に!食事とあわせて行いたいこと3つ

薄毛対策をするにあたって、食事以外にも気をつけたいことがあります。3つ挙げるので参考にしてください。

運動

食事に気をつけるのが大切なのはもちろんですが、あわせて行いたいこととしてまず運動があります。
薄毛と運動の関係について、詳しくは下記の記事を参考にしてください。

睡眠

次に、睡眠も大切です。
特に、22時~2時はたんぱく質が合成される時間帯とされているので、この時間帯にはできるだけ眠って身体を休めておくことをおすすめします。

育毛剤&頭皮マッサージ

育毛剤なんてまだ早い、と思っていませんか?
育毛剤には抜け毛を予防したり「今ある髪の毛を」太くボリュームアップする効果があります。薄毛になってから対処しようとすると大変なので、育毛剤を日頃から使って薄毛を予防することが大切です。
また、育毛剤をつけた時には頭皮マッサージを併用することをおすすめします。
育毛剤と頭皮マッサージについては下記の記事をご覧ください。

食事に気をつけるだけではダメ!薄毛予防にはトータルケアを

食事については、「これを食べると絶対に髪が生える」というわけではありません。
偏った食事はかえって栄養のバランスを崩し、逆効果になります。

また、食事にだけ気をつけていれば良いというものでもありません。
運動・睡眠も同じく大切なものであり、規則正しい生活を送ることが結果的に薄毛予防につながるのです。

育毛剤をつけて頭皮マッサージを日頃から行うこともおすすめ。薄毛に悩む前に、先手を打って薄毛予防の対策を行いましょう。

RELATED関連記事
薄毛と運動の関係とは?おすすめの運動方法も解説
238
薄毛対策に頭皮マッサージはおすすめ?育毛剤との併用が良い理由
230
春や秋など季節の変わり目に抜け毛が増えるのはなぜ?
524
薄毛予防に効果のある頭のツボ5選!悩む前にここを押すべし!
201
TO SHARE この記事をシェア
 
薄毛ヘッジ > 薄毛の対策 > 薄毛予防に効果的な食べ物のおすすめは?コンビニで買うならこれ!